2011年05月05日

皮膚と色素

色素過剰は皮膚に蓄積した過剰な色素によるものである。 色素が皮膚に蓄積するプロセスをメラニン合成と呼ぶ。チロシナーゼ酵素がこのプロセスにおいて主な役割を果たし、アミノ酸チロシンと相互に作用してドーパを形成する。

その後チロシナーゼはドーパをドーパキノンに変換し、さらに酸化によってキノンとなり着色する。その後これらのキノンがメラニンとなる。

このため、チロシナーゼ生成の阻害により、Lumixylペプチドが根本からメラニン生成を抑え色素過剰を改善する。

皮膚の不均一な色素沈着は通常加齢に伴って増加し、日光曝露により悪化する。このため加齢や紫外線が原因のシミよる色素過剰は、特に人生の後半によくみられる。
posted by LUMIXYL at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Lumixyl

2011年04月22日

ルミキシルの使用方法そのG

ハイドロキノンによる治療からの切り替え:

ハイドロキノン4%またはその他の強力な美白剤の使用後は、潜在的リスクを避けるため定期的に使用を中断する必要がある。
この中断期間に、美白効果を安全に持続させるためLumixylを使用することができる。ハイドロキノン中断時はスキンケア専門家の判断に基づいて、洗顔後にLumixylを1日2回使用しSPF30以上の日焼け止めも併用する必要がある。

ハイドロキノン使用の終了後は、長期にわたり均一な外観を持続させるため最終的にLumixylを使用する。
posted by LUMIXYL at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル

2011年04月19日

ルミキシルの使用方法そのF

インテンスパルスライト(IPL)、レーザー、またはその他の光線療法の補完品:
 
医師は、色素沈着の治療として院内での光治療またはレーザー療法を行う際、色素脱失剤を補完することが多い。多くの美白剤の代替となる非刺激性で有効性の高い化粧品として、ルミキシルをこの併用療法の一部として使用することができる。

このような場合、ルミキシルはスキンケア専門家の判断に基づいてレーザーおよび光治療と併用することができる。 初回の院内処置に先立って、2週間ほどルミキシル局所用クリームを1日2回塗布し、SPF 30以上の日焼け止めも補完使用する。

 レーザー/光治療の特性に基づいて、医師は患者に治療直後の肌に局所剤など何もつけないようアドバイスする必要があるかもしれない。 肌が回復した後は、医師の判断に基づいて当該クリームの1日2回の顔全体への塗布を再開し、SPF 30以上の日焼け止めを補完使用する。
posted by LUMIXYL at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル