2011年05月05日

皮膚と色素

色素過剰は皮膚に蓄積した過剰な色素によるものである。 色素が皮膚に蓄積するプロセスをメラニン合成と呼ぶ。チロシナーゼ酵素がこのプロセスにおいて主な役割を果たし、アミノ酸チロシンと相互に作用してドーパを形成する。

その後チロシナーゼはドーパをドーパキノンに変換し、さらに酸化によってキノンとなり着色する。その後これらのキノンがメラニンとなる。

このため、チロシナーゼ生成の阻害により、Lumixylペプチドが根本からメラニン生成を抑え色素過剰を改善する。

皮膚の不均一な色素沈着は通常加齢に伴って増加し、日光曝露により悪化する。このため加齢や紫外線が原因のシミよる色素過剰は、特に人生の後半によくみられる。
posted by LUMIXYL at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Lumixyl