2011年04月02日

ルミキシルの特徴と利点そのB

水溶性:
ルミキシルペプチドは水溶性であるため、重質油、アルコール、またはその他の溶剤を用いて調製する必要がなく、優れた非刺激性の特性により微量で処方することができる。

皮膚で容易に分解:
ルミキシルペプチドは高い生体適合性を有し、皮膚で自然に代謝される。他の物質は有害な副生成物を作り出し、皮膚に対して細胞死を加速させる酸化ストレスを引き起こす。

日光過敏症増悪の抑制:
ルミキシルペプチドは皮膚バリア機能を悪化させることがないため、ボタニカルやビタミンCとBを含有するその他の美白剤とは異なり、日光曝露時の肌へのダメージを抑えることができる。しかし、紫外線(UV)曝露は色素過剰を悪化させ、ルミキシルの治療計画によりもたらされる本来の効果を抑制することから、使用者は毎日日焼け止め指数(SPF)30以上の日焼け止めを塗布することも重要である。

酸化しない:
多くのスキンケア製品は一旦空気に触れると製品自体の有効性を失ってしまう。とりわけビタミンCとハイドロキノン製剤などのいくつかの製品は、開封後まもなく茶色に変色するものもある。ルミキシルペプチドは、梱包箱に表示されている有効期間中は酸化することなく、その安定性と有効性を維持することができる(オリジナルのルミキシル局所用クリームは12ヵ月間有効)。
posted by LUMIXYL at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44105301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック