2011年04月04日

ルミキシルの特徴と利点そのC

細胞毒性作用がない:
細胞毒性は細胞に対する毒性のことで、特に細胞死を引き起こす。ルミキシルは細胞死を引き起こすことなく色素脱失を達成できる。一方で、ハイドロキノンはメラニン細胞に対する細胞毒性が高いことが明らかになっている。ハイドロキノンに関連する細胞死の割合は本in vitro試験データに示されている。

保湿効果:
ルミキシル局所用クリームはもともと軽度のエモリエント効果を与えるために処方された。このクリームはスキンケア専門家の判断によりその他の保湿剤と併用することが可能である。

使い心地のよさ:
多くの製品が、使用時にヒリヒリ感や不快な香りを伴うことがある。ルミキシルクリームは贅沢なブランド設定により裏付けられた滑らかな質感と非常に優しい香りを持つ。
posted by LUMIXYL at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44132426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック