2011年04月19日

ルミキシルの使用方法そのF

インテンスパルスライト(IPL)、レーザー、またはその他の光線療法の補完品:
 
医師は、色素沈着の治療として院内での光治療またはレーザー療法を行う際、色素脱失剤を補完することが多い。多くの美白剤の代替となる非刺激性で有効性の高い化粧品として、ルミキシルをこの併用療法の一部として使用することができる。

このような場合、ルミキシルはスキンケア専門家の判断に基づいてレーザーおよび光治療と併用することができる。 初回の院内処置に先立って、2週間ほどルミキシル局所用クリームを1日2回塗布し、SPF 30以上の日焼け止めも補完使用する。

 レーザー/光治療の特性に基づいて、医師は患者に治療直後の肌に局所剤など何もつけないようアドバイスする必要があるかもしれない。 肌が回復した後は、医師の判断に基づいて当該クリームの1日2回の顔全体への塗布を再開し、SPF 30以上の日焼け止めを補完使用する。
posted by LUMIXYL at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44443000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック