2011年04月04日

ルミキシルの特徴と利点そのC

細胞毒性作用がない:
細胞毒性は細胞に対する毒性のことで、特に細胞死を引き起こす。ルミキシルは細胞死を引き起こすことなく色素脱失を達成できる。一方で、ハイドロキノンはメラニン細胞に対する細胞毒性が高いことが明らかになっている。ハイドロキノンに関連する細胞死の割合は本in vitro試験データに示されている。

保湿効果:
ルミキシル局所用クリームはもともと軽度のエモリエント効果を与えるために処方された。このクリームはスキンケア専門家の判断によりその他の保湿剤と併用することが可能である。

使い心地のよさ:
多くの製品が、使用時にヒリヒリ感や不快な香りを伴うことがある。ルミキシルクリームは贅沢なブランド設定により裏付けられた滑らかな質感と非常に優しい香りを持つ。
posted by LUMIXYL at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル

2011年04月02日

ルミキシルの特徴と利点そのB

水溶性:
ルミキシルペプチドは水溶性であるため、重質油、アルコール、またはその他の溶剤を用いて調製する必要がなく、優れた非刺激性の特性により微量で処方することができる。

皮膚で容易に分解:
ルミキシルペプチドは高い生体適合性を有し、皮膚で自然に代謝される。他の物質は有害な副生成物を作り出し、皮膚に対して細胞死を加速させる酸化ストレスを引き起こす。

日光過敏症増悪の抑制:
ルミキシルペプチドは皮膚バリア機能を悪化させることがないため、ボタニカルやビタミンCとBを含有するその他の美白剤とは異なり、日光曝露時の肌へのダメージを抑えることができる。しかし、紫外線(UV)曝露は色素過剰を悪化させ、ルミキシルの治療計画によりもたらされる本来の効果を抑制することから、使用者は毎日日焼け止め指数(SPF)30以上の日焼け止めを塗布することも重要である。

酸化しない:
多くのスキンケア製品は一旦空気に触れると製品自体の有効性を失ってしまう。とりわけビタミンCとハイドロキノン製剤などのいくつかの製品は、開封後まもなく茶色に変色するものもある。ルミキシルペプチドは、梱包箱に表示されている有効期間中は酸化することなく、その安定性と有効性を維持することができる(オリジナルのルミキシル局所用クリームは12ヵ月間有効)。
posted by LUMIXYL at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル

2011年03月31日

ルミキシルの特徴と利点そのA

全ての肌質に安全:
美白市場においていつも懸念されるのは、異なる肌質に対する美白剤の適合性である。特に色黒の肌質は、有効性の高い美白製品の使用による低色素沈着、または特に侵襲性の処置による炎症後色素過剰などの問題を引き起こす可能性がある。ルミキシルペプチドは、非毒性で細胞レベルに働きかけ、メラニン生成を均一に抑えるため、全ての肌質に安心して使うことができ、調和した均一な外観が長期的に得られる。

長期に使用しても安全:
美白における主な懸念事項は美白製品の長期作用である。ハイドロキノンとコウジ酸の発癌作用の可能性に加えて、これらの物質の長期使用により皮膚が薄くなる場合もあれば、皮膚の完全性が損われる場合もある。このため、これらの強力な物質の投与計画を指示する皮膚科医は短期間でしか処方できない。ルミキシルクリーム(ルミキシルペプチド0.01%)の場合は本製品の安全性プロファイルにより、リスクを伴うことなく長期間使用することができる。

色素沈着の院内処置に理想的な補完製品:
大半の皮膚科医とエステティシャンは、患者/クライアントに色素沈着の院内処置の補完製品として局所用美白剤の使用を推奨している。ルミキシルクリームは、治療後の肌に対してさらなる刺激を引き起こすことなく、滑らかな質感と贅沢なブランド設定により使用する喜びを提供し、使用遵守を推奨することができるため、理想の選択肢とされる。
posted by LUMIXYL at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ルミキシル